のんびり過ごすなら沖縄!沖縄ならではの過ごし方とは

青い海に広い空!大自然に包まれて!

沖縄は日本の最南端に位置している小さな島です。手つかずの自然が多く残っている南の島の楽園ですね。中でも海の透明度は抜群で、世界各地からダイバーが集まってくる有名なダイビングスポットです。沖縄に降り立ってまず最初に感じることは、「空の広さ」でしょう。高層ビルなど背の高い建物が少ないため、視界を遮るものがありません。同じ空でも沖縄の空が広く感じられるのはそのためでしょう。また、樹々の緑色、海の青色、花々の色合いが色濃くはっきりと見え、みな生き生きとしているように感じられます。太陽光が強く明るいこと、空気が綺麗なこと、そして前述した空が広く開放的であること、これらが相まって見るもの全てが本土のものとは違って見えます。沖縄に着いたら、まずはこの「見え方の違い」を楽しむようにしましょう。

海と食をのんびりと満喫しよう。

沖縄の海は4月頃から10月頃まで楽しむことが出来ます。海水浴、シュノーケリング、ダイビング、サーフィン等楽しみ方は色々あります。遠浅な海も多くあるので、浅瀬を歩きながら熱帯魚をみることが出来ます。お散歩感覚で気軽にのんびり楽しめるのが良いですね。そして、おなかがすいたら沖縄グルメを満喫しましょう。沖縄料理は海産物や豚肉を使ったものが主で、大衆食堂などでは特に安くて量が多いのが特徴的です。沖縄には「島時間=うちなーたいむ」という言葉があります。簡単に言うと地元の人は「時間の感覚」が違うんですね。タイムスケジュールを組んで時間ギリギリまで観光地を見て回るのも良いですが、何気ない景色、海、食をただのんびりと楽しむ、時間に追われない「うちなーたいむ」を体感できるのも沖縄の魅力の一つではないでしょうか。

© Copyright Enjoy Island Time. All Rights Reserved.